寝台特急北斗星の車内

寝台特急北斗星、上野から函館までの乗車時間約16時間。

北斗星の車内でどう過ごしましょうか?


北斗星ファミリーの寝台車には色々種類がありますね。


普通寝台のB寝台(一般開放型)、
普通寝台のB寝台(コンパートメント)
普通寝台のB寝台1人用個室(ソロ)、
普通寝台のB寝台2人用個室(デュエット)


グリーン寝台のA寝台1人用個室(ロイヤル)、
グリーン寝台のA寝台2人用個室(ツインDX)
  


B寝台のソロに乗る予定ですので、北斗星寝台としては、
大体中間のランクになるでしょうか?




北斗星B寝台には、
アームレスト付きのソファー兼ベッドがありますので、
大体の時間はゆっくりとくつろげると思いますね。


それに付属品として、テーブルと鏡がついています。


加えて、オーディオサービスがありますので、
まー、退屈することはないと思います。



ちなみに、グリーン寝台のA寝台ロイヤルには、

ソファーや、テーブル、ラウンドチェアー、ドライヤー、 ・
折り畳み式の洗面台、シャワールーム、トイレビデオモニター


それに、ウェルカムドリンク・モーニングコーヒーサービス
 朝刊サービスがついていますし、



グリーン寝台のA寝台のツインDXでも、洗面台、 テーブル、
ラウンドチェアー、 ビデオモニター、

それに朝刊サービスがついています。



特にA寝台ロイヤルは、ルームサービスも利用可能で、
ホテル並みのサービスを受けることが出来るそうです。


ただし、 「A寝台ロイヤル」 
1列車あたり4室と部屋数が少ないため、本当に切符を取ることが
難しいそうで、

その切符は大変貴重で、 「プラチナチケット」 
と呼ばれているか・・・。




上記の2つと比較すると、B寝台ソロは、少々寂しいですけれど、
贅沢は言っていられません。


寝台特急北斗星に乗れるだけでも好しとしなければいけませんね。



A寝台ロイヤルには、個室にシャワールームがありますが、
ほかの寝台に乗る人ももシャワールームが使えるようです。


ロビーカーにシャワールームが2室あるとか。


このシャワールームを使うには、事前に、 「シャワーカード」 の
購入が必要で、

この、 「シャワーカード」、食堂車で売っているようです。


シャワールームは、30分きざみで利用時間が決められており、
事前に空いている時間に予約をいれるシステムですね。


ただし、一番気をつけなければいけないことは、
お湯の出る時間が無制限ではないということです。

お湯の出る時間は、なんと6分。


刑務所のお風呂利用時間なみに厳しいですので、
タイマーを見ながらうまく利用することが大事ですね。


ちなみに、
お湯は、出したり止めたり出来るようで、出した時間の合計ということ
らしいです。


シャワールーム利用時間は30分。 お湯の出る時間は6分。


時間との闘いでのシャワー。   面白そうです!!
Powered by さくらのブログ