寝台特急北斗星

夜行寝台列車。 うーん、いい感じですね。

寝台と聞くだけで旅心をくすぐります。


旅の醍醐味はなんといっても、夜行寝台に乗ることで一番味わえますね。
その寝台列車が上野発となるともうたまりません。



上野発の夜行列車降りた時から、青森駅は雪の中・・・でしたか。
歌にもうたわれる夜行寝台。



今回は上野から青森駅ではなく札幌を目指します。

そうです。寝台特急北斗星に乗るのです。


寝台特急北斗星あなたはご存知ですか?


寝台特急北斗星は、
青函トンネル開通により誕生した、上野〜札幌を走る寝台特急列車ですね。

上野から札幌まで16時間以上かけて走ります。


「走るシティホテル」 のキャッチフレーズの寝台特急北斗星。


けれど、今は少し老朽化して人気も薄れてきているという寝台特急北斗星。
そんな寝台特急北斗星だから乗ってみたい。

そう思います。

寝台特急北斗星。 多分至るところに少しずつガタがきているのでしょう。


ということは、
昔の寝台列車に出会えるということではないでしょうか?

ガタゴトガタゴト 汽車が全身を使って全力で走っていたあの頃。

窓を開けると蒸気機関車の煙が舞い込んできたものです。

ガタゴトガタゴト 汽車の走る音が眠気を誘い、
いつの間にか目的地に着いている。


同じ汽車に乗り合わせた人との短い出会いと別れ。
うーん。 ロマンがありましたね。


ただ、今回の寝台特急北斗星は、B寝台1人用個室ソロを取ろうと思い
ますので、出会いの機会は以前ほどないかもしれませんね。


一ヶ月前の10時からJRみどりの窓口や大手旅行代理店などで寝台券を
発売するらしいので、気をつけて、B寝台1人用個室ソロを確保しないと
いけません。


なんでも、
みどりの窓口で購入する時は、30分前くらいに行って指定券申込書に
記入して、早めに出しておいたほうがいいみたいですね。


大手旅行代理店では予約も可能とか・・・。


ちなみに、北斗星1〜2号は北斗星3〜4号よりソロの室数が多いようです。
Powered by さくらのブログ